茶目

<   2011年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

デリケートな幻想味を引き出すことに成功

ヴォルフ=フェラーリのヴァイオリン協奏曲の国内盤初のCD
川畠成道の、ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲集《四季》に続く、二枚目の協奏曲アルバム。
メンデルスゾーンのホ短調のヴァイオリン協奏曲は言わずと知れた名作だが、エルマンノ・ヴォルフ=フェラーリは、おそらくCDでのリリースとしては3枚目のCDになるだろう。
イタリア人とドイツ人の混血として生まれたヴォルフ=フェラーリは、特にオペラ・ブッファで功績を残した作曲家だった。
「歌える音楽こそが音楽だ」と信じて疑わなかった彼は、無調音楽が台頭しても調性音楽を頑なに書き続けた。
ギラ・ブスタボに捧げられたヴァイオリン協奏曲は、ヴォルフ=フェラーリの晩年の作品である。
美女として知られたブスタボの姿をかたどったようなエレガントな作品は、作られた時代が19世紀であれば、もっと高く評価されていただろう。
この録音に先立って、初演者ブスタボの演奏や、ドイツのウルフ・ヘルシャーの演奏がCD化されている。作品の幽玄さを伝えるものとしては、やはり初演者の演奏を聴いておきたいところだが、もはや入手困難。
ヘルシャーの演奏は、やや表情が硬く、作品の魅力は伝えてくれるものの、もっといい演奏があるのではないかという気にさせる。
川畠は、端正な弾き口で、曲のデリケートな幻想味を引き出すことに成功しており、よりブスタボの境地に近い。
この録音によって、ヴォルフ=フェラーリの作品への関心が国内でも高まることに期待したい。
メンデルスゾーン&ヴォルフ=フェラーリ:ヴァイオリン協奏曲集
[PR]
by applele1r | 2011-07-03 23:32 | 日記

総合力が問われる真の難曲

進化し続ける演奏
繊細で、ダイナミックな素晴らしい演奏です。龍クンの演奏を聴くたびに、彼は天才!と叫んでしまいます。
聞き手をどんどん自分の世界に引き込んでゆく臨場感溢れる一枚です。
ライブ感バツグン! 龍さんの演奏の魅力を十二分に楽しめるCDです。
龍さんの音楽が初めて、の方にもお勧め、曲のバリエショーンが広く、
龍さんの演奏のさまざまな魅力を満喫!できるCDです。

ライブコンサートで、龍さんはさまざまな表情で演奏をされるのですが、一曲
一曲にその表情がつまっていて、演奏するときの姿まで見える気がします。


優しく、穏やかな表情で楽しそうに弾かれていた『春』。
やや俯きがちの表情で情熱を込めるように弾かれていた『パガニーニアーナ』。

ピアノのドゥセクさんとときどき顔を見合わせながら、丁寧に、でも曲の終わりに
向けてエネルギーが渦巻いて高まっていく感じで弾かれていた『サンサーンス』。

チャメッケいっぱいに、弾きたいように楽しく!という雰囲気で弾かれていた
『序奏とロンドカプリチーオーソ』。。

音そのものに豊かな表情があるので、演奏を聴きながら、どんな雰囲気で弾かれて
いるか想像しながら聴くのも楽しいかもしれません。


それから、、、、コンサートからの情報。

先日のカーネギーホールのデビューコンサート、聴いてきました!

演奏後、聴衆のほぼ全員がスタンディングする素晴らしいコンサートでしたが、
この日のアンコールでも龍さん、パガニーニアーナ弾かれてました。気迫の演奏。

NYの聴衆もウットリ!のパガニーニアーナ、ぜひお聴きください。

好い線行っていると思います
 表題にもなっている「パガニーニアーナ」は20世紀を代表するヴァイオリニストの一人ナタン・ミルシテインの作品です。「技術的に難しいけれど、全体的に流れる独特の哀愁が好き」と龍君自身が語っているように、ヴァイオリニストとしての総合力が問われる真の難曲です。
 作者ミルシテインの他には奇才ギドン・クレーメルが素晴らしい録音を残しています。クレーメルの演奏を聴くとトップレベルの凄さを否応なしに実感させられます。「龍君は天才と宣伝されているけど、本当のところ実力はどの程度なの?」と疑問に思っている人は聴き比べてみるのも面白いでしょう。
 もっとも、「御大と比較して龍君は…云々」等と小姑みたいなことを考えなければ、楽しく聴けるCDだと思います。「パガニーニアーナ」だって意欲的で悪くはないし、爽やかな好青年の龍君にスプリング・ソナタやサン=サーンスの作品はよく似合います。
 私は龍君の熱心なファンではないので、あっさり星4つにしました。しかし、彼が子供だった頃から応援しているファンにとっては、たくましく成長した龍君が今後の方向性を示した作品として星5つ以上の価値がある必聴盤だと思います。

パガニーニアーナ(初回限定盤)
[PR]
by applele1r | 2011-07-03 18:51 | 音楽

カテゴリ

全体
日記
音楽
生活
DVD
読書
ニュース
未分類

メモ帳

最新の記事

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな