茶目

カテゴリ:日記( 3 )

タニタ式の食事でどんどん痩せました

タニタ食堂のやせる本を購入しました。食事でダイエットをしようと決意したからです。

タニタ式のメニューはなんと1食で5品もあってもカロリーが500しかないことです。
信じられない低カロリーですよね。

秘訣は油はきちんと計量し、皮など余分なものは落とすこと、脂身はカットすることだそうです。
そして薄味でも満足できるようにだし、スパイスを活用し味に変化をつけています。

主菜、汁、副菜、などこんなにたくさんのメニューが並んでもカロリーが低いのですから食べるのが大好きな私にはダイエットも苦ではないですよね。

おかげでどんどん体重が減ってきています。
しかも便秘にもいいのでお肌もきれいになりました。一石二鳥で嬉しい限りですね。

フルラ バッグ
[PR]
by applele1r | 2012-11-02 14:39 | 日記

なんでだろう?

日曜日に『サザエさん』を観ると気分が落ちる理由 / 自分の生活とかけ離れた幸せな生活が描写されているからという記事より
http://rocketnews24.com/2012/05/07/209545/

なんでだろう?

日曜日に『サザエさん』を観ると落ち込んでしまう人が
いるが、なぜか?
とある生粋のアニメマニア男性(57歳)は、
この『サザエさん』を観ると落ち込む現象を
以下のように説明してくれたそうです。
 
「アニメ『サザエさん』の世界があまりにも平和的なため、
自分の生活とのギャップに耐えられないのでは
ないかと思います。自分の生活とかけ離れた
幸せな生活が描写されているので、
自分のツライ生活を強制的に再確認させられるんですね。
あくまで推測ですがね」ですって。
 
また、「つまりですね、逆をいえば『サザエさん』を
楽しく観ていられる人たちはリアルが
充実した人たちということになります。
もしくは、心が純粋すぎる人ですね」とか。

たしかに、サザエさんの世界は、
悪い人が一人もいない、など、現実世界の実態と
かけ離れていますが、もし、このアニメが
金曜の夜にあったらどうでしょう?
同じように憂鬱な気分になるでしょうか。
おそらくは、ほのぼのとした気分で
見られるのではないかなーと思います。

わたしにも経験がありますが、
日曜、サザエさんが始まる頃から、
憂鬱な気持ちになったものです。
日曜の夕方は、休日の終わりを思い知る時間帯ですよね。
サザエさん症候群、と呼ばれるこの症状、
学生さんでも社会人でも多く見られるのではないでしょうか。

コーチ シグネチャー
[PR]
by applele1r | 2012-05-09 23:56 | 日記

デリケートな幻想味を引き出すことに成功

ヴォルフ=フェラーリのヴァイオリン協奏曲の国内盤初のCD
川畠成道の、ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲集《四季》に続く、二枚目の協奏曲アルバム。
メンデルスゾーンのホ短調のヴァイオリン協奏曲は言わずと知れた名作だが、エルマンノ・ヴォルフ=フェラーリは、おそらくCDでのリリースとしては3枚目のCDになるだろう。
イタリア人とドイツ人の混血として生まれたヴォルフ=フェラーリは、特にオペラ・ブッファで功績を残した作曲家だった。
「歌える音楽こそが音楽だ」と信じて疑わなかった彼は、無調音楽が台頭しても調性音楽を頑なに書き続けた。
ギラ・ブスタボに捧げられたヴァイオリン協奏曲は、ヴォルフ=フェラーリの晩年の作品である。
美女として知られたブスタボの姿をかたどったようなエレガントな作品は、作られた時代が19世紀であれば、もっと高く評価されていただろう。
この録音に先立って、初演者ブスタボの演奏や、ドイツのウルフ・ヘルシャーの演奏がCD化されている。作品の幽玄さを伝えるものとしては、やはり初演者の演奏を聴いておきたいところだが、もはや入手困難。
ヘルシャーの演奏は、やや表情が硬く、作品の魅力は伝えてくれるものの、もっといい演奏があるのではないかという気にさせる。
川畠は、端正な弾き口で、曲のデリケートな幻想味を引き出すことに成功しており、よりブスタボの境地に近い。
この録音によって、ヴォルフ=フェラーリの作品への関心が国内でも高まることに期待したい。
メンデルスゾーン&ヴォルフ=フェラーリ:ヴァイオリン協奏曲集
[PR]
by applele1r | 2011-07-03 23:32 | 日記

カテゴリ

全体
日記
音楽
生活
DVD
読書
ニュース
未分類

メモ帳

最新の記事

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな