茶目

言葉を聞いただけで、 背筋がゾッとする

爪はがし事件、京都地裁が懲役3年の判決という記事より
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111207-00000022-kyt-l26

言葉を聞いただけで、
背筋がゾッとする

勤務していた京都市中京区の病院で入院していた患者さん男女4人
(60~90歳代)の足の爪を剥がしたとして傷害罪に問われていた
京都市西京区川島六ノ坪町、元介護助手の佐藤あけみ被告(38)の
判決が言い渡されました。

京都市歳の笹野明義裁判長は「抵抗できない弱い立場の被害者を
自己の不満のはけ口にした極めて身勝手な犯行」として懲役3年の
実刑判決を言い渡したそうです。

力のない抵抗できない人に対して、爪を剥ぐなんて良くできるなって思います。
相当な力を持ってないと爪なんて剥げませんよね。

病院で起きたという事、入院していた患者のご家族の気持ちを考えると、
どうしてくれるんだ!!って怒りの思いがこみ上げてきます。

キュロットスカート

患者や家族には罪がないのですから、こんな事件は二度と起きてほしくありません。
大変な職業とは思うけど、ストレスのはけ口を暴力にしてしまうという考えは
本当に止めてほしいです。

私の祖母が病院に入院していた時にお見舞いに行った事があるのですが、
祖母に対してではないですが、入院していた患者さんのおむつ替えを
見てしまった事がありました。
その様子は私にはあまりに機械的で少々乱暴に見えてしまった事は、
いまだに脳裏から離れません。

仕事とはいえ、相手は生身の人間だという事を忘れないでほしいって
思いました。
[PR]
by applele1r | 2011-12-11 20:08 | ニュース

カテゴリ

全体
日記
音楽
生活
DVD
読書
ニュース
未分類

メモ帳

最新の記事

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな