茶目

涙 動物実験のビーグル

世界中が涙! 動物実験に使われていたビーグルたちが生まれて初めて大地を踏みしめる動画という記事より
http://rocketnews24.com/2011/12/01/158095/

さっそく記事にあるYoutubeの動画を見ました。

なんとも、人間ってやつは、
自分勝手で愚かな生き物です。

こういった動物たちの犠牲が本当に必要なものなのか

ビーグルは動物実験に使われやすい犬種なのですね、
初めて知りました。

ただ、その理由が、
「従順で、人なつっこい性格から動物実験に使われることが多い」
とは、なんとも憤りを感じます。


これが実験用のマウスではこうはいきませんが、
対象が人間に近い動物、
感情をより表現する動物だと
感情を移入してしまいます。



なんでも、このビーグルたちは、
化粧品など様々な商品の実験
(化粧品の皮膚アレルギー反応を見る実験など)のために、
生きてきたビーグルたちであり、
そのほとんどが生まれてから一度もカゴから出たことがなく、
そういった悲しい境遇にあるビーグルたちを助け出そうと、
動物保護団体「Animal Rescue Media Education」立ち上がり、
映像は、今年6月72匹のビーグルたちが動物実験の日々から
無事解放されたときの模様ですって。
ハッピーエンドでよかった・・・。


先日の放送大学の心理学講座(←BSで無料で見れる番組)で、
ちょうど資格の講座で学んだばかりの、
オペラント条件付け・レスポンデント条件付けについての
講義をやってたんですが、ショッキング。

みなさんも、パブロフの犬、というのは
聞いたことがあるかもしれませんね。
パプロフという学者が、行動の条件付けについての
実験をしたときの貴重な映像が流れたんです。
頬に穴を開けられた犬が実験に使われていたんです。
痛々しくて見ていられませんでした;;
[PR]
by applele1r | 2011-12-10 17:59 | ニュース

カテゴリ

全体
日記
音楽
生活
DVD
読書
ニュース
未分類

メモ帳

最新の記事

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな